旧ブログ名:「猫ママの初めてだらけの結婚&双子ちゃん妊娠・出産・育児生活」。子供たちが大きくなった今は子連れでファミリーフィッシング♪主に東京・神奈川・千葉の陸っぱり釣りにハマり中。。(笑) へたっぴだけど自分で色々作っちゃうハンドメイドも大好き☆
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008年09月17日 (水) | 編集 |
1歳13日目

先月、突発性発疹になったらん・・

今度はしんの番みたい。。

3日前から急に熱が出たしん
夜は40度越え。

昨日、病院に行ってみたけれど、ほかに症状がないならば突発かもね。。と先生。



どうか、らんのときのように、熱性けいれんを起こしませんように・・



と祈るばかり。


本当に本当に怖いんだもの。



先生曰く、熱性痙攣は遺伝は関係ないはずだから、らんが痙攣起こしたからといってしんも起こすとは限らないと。。


でもやっぱり昨日の夜・・らんほどではなかったけど、少し痙攣しました。


パパが休みで家にいてくれたのもあって、私も少し気持ちが楽だったからよかった。。



もう、本当にかわいそう。
夜に熱さましの座薬を入れてあげるくらいしかできないし、ずっとしんどそうで。。


今日は昼間少し熱がひいて元気な表情も見せてくれたけれど、今晩まではまだつらいんだろうな。。


もう少しだから頑張ってね。しん




スポンサーサイト



2008年09月09日 (火) | 編集 |
生後1歳0ヶ月5日目

パパの珍しい連休。
お店を出すための店舗探しに不動産屋まわりをしました。

どの不動産屋さんでも、じっとはしていられない二人。
話をしながらもぐずぐず・・

抱っこしているのもいやで、とにかく動きたい。
まだ1人で歩けないけど歩きたい。
ハイハイしたい。。

こんな状態で不動産屋をまわるのは大変でした。。汗



そしてもっと大変なことが・・


途中でもうおなかがすいて限界になってしまった二人。
近くで子供のいすがあるようなお店・・ファミレスしかないかなぁ。。と思って、
ファミレスへ。。

まずは子ども用の椅子。

背もたれがとっても低く、のけぞったらすぐに落ちそう。。
大丈夫かなぁ。。と思いながら座らせる。

そして、いらっしゃいませ・・とお店の人。


なぜ、子供の前にお水を置くの!!汗


即効でお水が入ったグラスを倒すらん



あぁ・・・



ごめんなさい。という言葉が出てこなかった。


それよりも、なんで???


という思いのほうが強かった。
こちらが倒したんだから申し訳なかったけど。。


それだけで、もう帰りたくなった。


そして次。


また子供の前にフォークやナイフの入った籠をおいたお店の人。。





やめて~~~~~~~~~~~~~~





ファミレスに1歳の子供を連れてきた私たちが悪かったの???


そして、メニューなども次々と置く・・



すかさずそれをどかす私とパパ。



もうこれ以上迷惑かけたくないし騒がせたくない。。



帰りたい。。




そしてさらに、子供には渡すと決まっているらしいおもちゃが入った籠を置く・・




もういらないからさげて~~~~~~~~~~~~。涙





この時点で私の気分はイライラ最高潮。



でもパパはがんばって対応してくれてるし、帰ろうとは言えない。



なんとかメニューを適当に決めてオーダー。


おなかがすいている二人に一番早く出てくるものを聞いて子ども用のオーダーも済ます。



なのに・・



一番早いと言われたものよりも、もう1つ子ども用に頼んだ熱いものが出てきた。




なんでだ・・




もう、子供の手の届かない場所のないテーブル。



仕方がないので席の後ろの飾棚のようなところに食器をよける。




自分たちのごはんも置くところがない。。




子どもたちはぐずりながらの食事。

もう、私たちは食べた気がしないまま、なんとか子供たちに食べさせて終了。



想定はしていたけれど、食事についてきたドリンクバーなんてまったく満喫する間もなく。




外食なんて、まだ早かったのかしら・・







2008年09月04日 (木) | 編集 |
1歳0ヶ月1日目


いろいろなかたに支えていただき、今日で無事1歳という日を迎えることができました。
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


今考えると、私自身は特別何もしていない。


いつもいつもそばで支えてくれたパパ。
家事ができていなくても文句ひとつ言わなかった。

体調を崩したら私が休めるように子供たちを見ていてくれた。
料理が苦手な私の代わりにおいしいものを作ってくれて、
栄養とって体力をつけてって言ってくれた。

私がイライラしているときでも、あたたかく見守ってくれた。
自分だって疲れているのに、決して私に対してきつくあたったりもしなかった。
いつもいつも私を母としてだけではなく、女性として大切にしてくれた。

本当にありがとう。


仕事を持っているのに週に1回は子どもたちをみにきてくれたお母さん。
生後1~2ヶ月で私がほぼ記憶がないくらい弱っていた頃は毎日のように来てくれました。
搾乳で腱鞘炎になって沐浴がつらかった時、毎日沐浴をさせてくれた。
自分のごはんも用意できない私に毎日ご飯を用意してきてくれた。

毎日子供とばかり過ごしていたらストレスもたまるからと理解をしてくれて、
たまには息抜きしてきなさいと子供をみてくれました。

実の母を亡くしている私に、本当のお母さんのように頼っていいんだよと、
とっても良くしてくれた。

1歳の誕生日にはケーキを予約して、誕生日のかざりまで用意してきてくれた。
会社を早退してまでかけつけてくれたお母さん。

本当に本当にありがとうございます。


急な妊娠→結婚→引っ越し→退職→出産で家がバタバタしているところに、
子育てに必要なものをお譲りいただいた先輩ママさんたち。
2人のお揃いの服をお譲りいただいた先輩双子ママさんたち。
2人分のものをそろえるのはとっても大変だったところに、本当に助かりました。
ありがとうございます。


初めての育児で悩んでいるときに、いろいろと相談に乗ってくれた先輩ママさんたち。
多胎特有の悩みにもいろいろとアドバイスをくださった先輩双子ママさんたち。
どれだけ励みになり、心が休まったことか・・
本当にありがとうございます。


独身時代に遊びまわっていた、根っからの騒ぎ屋で人と話すのが好きな私に、
急な呼び出しにも応じて一緒に飲んでくれて遊んでくれた友達。
少しの時間でも本当に楽しくて気分転換をさせてもらうことができました。
こんなに自分勝手な都合にも合わせて付き合ってくれてありがとう。


双子という常に2人を連れて歩いている私に、優しく手を差し伸べてくださった、
もう二度とお会いできないかもしれない街のかたがた。
温かいお心、一生忘れません。


2人が無事産まれてくることができ、そして今まで大きな病気もすることなく
育ってこられるように天国で見守ってくれていたお母さん、
おばあちゃん、おじいちゃんをはじめご先祖様。
本当に感謝しています。


まだこの時期は子どものためには何もできないからと、
私たちにおいしいお肉や野菜を持って遊びに来てくれたお父さん。
短気だから遊びに来ても30分も家にいないで帰っちゃうのに、
わざわざ重いお肉や野菜を持ってきてくれてありがとう。
出産後1~2ヶ月は、お父さんのおかげで毎週ケーキをホールで完食していた私。笑
おかげで母乳にも栄養が行きわたり(?)子供たちは丸々太りました。笑
温かく見守ってくれてありがとう。


最近になって毎日通っている支援センターの職員のかたがた。
双子だから1人で見ているのは大変と、いつもつきっきりになって1人をみてくださいます。
少しずつ歩くようになった今では、本当に1人では2人を見きれない状態。
安心してのびのびと遊ばせることができるのはみなさんのおかげです。
本当にいつもありがとうございます。


思い起こせばここに書いても書ききれないくらいの方々に支えられて、
1年間無事に過ごしてくることができました。

本当に感謝してもしきれないです。


これからもたくさんの方にお世話になると思います。

そのことを子供たちが理解できるようになったら、きちんと心に留めてこれから生きていけるよう、多くの人に支えられて自分たちが大きくなったということを忘れないようにしてほしいと今は強く思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。