旧ブログ名:「猫ママの初めてだらけの結婚&双子ちゃん妊娠・出産・育児生活」。子供たちが大きくなった今は子連れでファミリーフィッシング♪主に東京・神奈川・千葉の陸っぱり釣りにハマり中。。(笑) へたっぴだけど自分で色々作っちゃうハンドメイドも大好き☆
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008年08月07日 (木) | 編集 |
生後11ヶ月3日目

自転車が届いて午前中に支援センターへ行った昨日。
らんがちょっと熱い。

熱を測ったら38.5℃。
朝はそんなに熱くなかったけど、ちょっと眠そうだった。
その時気づいてあげて出かけなければよかったのに。。

病院でもらってあった座薬を入れて様子をみて、食欲も全くないわけではないし、昼間は座薬で寝ていて、夜ごはんも少なめではあるけれど普通に食べていたから大丈夫かなぁと思っていたんだけれど・・

夜、熱が上がりだして、前にも39℃超えは経験していたから、脇の下や足の付け根を冷やして水分補給したりしていたんだけれど、夜中0時ころかな?急に「バタッ!!」って音がして火がついたように泣きだして、私も本当に驚いて。

何か怖い夢でも見たのかと思ったんだけれど、それが2~3回あって怖くなっちゃって。

熱性けいれんのことは少し知っていたから、ネットで調べてみると、もっと長い時間けいれんして、白目になってしまうような状況だって書いてあったから、それとは違うよなぁ。。と思いながらも、また少しするとけいれんのような感じになるので、仕事中のパパに電話して、日赤の救急に電話してきいてみることに。

熱性けいれんなら本当に目に見てわかる状態なはずだし、大丈夫だとは思うけれど、心配であれば小児科の当直の先生もいるし、きてもいいですよとのこと。


なんだかわからないんだけれど、私自身がとっても怖くて、鳥肌が立って寒気がするくらい嫌な予感がしてしまっていて、なんだかこんなことが昔にもあったような、でも思い出せないけれどとっても怖かったような感覚。

らんが「びくっ!」ってけいれんするたびに、私も怖い感覚に襲われて鳥肌が立って。


パパが仕事を抜けて帰ってきてくれて、1時半くらいに病院へ到着。
まずは内科の当直の先生が診てくれて、髄膜炎や中耳炎の恐れはないとのこと。
小児科の当直の先生が病棟で患者さんにかかっているらしく、先生がくるまで待つことに。


しかしこれが長かった。

2時間くらい??


その間、らんは抱っこしてるパパの腕の中で何度も痙攣しては泣き・・


落ち着いているときは大丈夫なんだけれど、一度痙攣して泣くと、そのあとも何度か続けて痙攣してしまう。

日赤の救急は前にも来たことがあったから、先生やほかの急患の患者さんの状況により、こうやって待たされるのは仕方ないとは思っていたけれど、あまりにもかわいそうで苦しくて、私も何もできなくて涙が出てきてしまった。

内科の先生が再度声をかけてくれるのが、もう少し遅かったら・・
私はモンスターペイシェントになっていたと思う。


「子供がこんなに苦しんでいて、急を要するからこの夜中に救急に来たのに、2時間もほったらかしで何もしてくれないんですか!!」

って。


内科の先生によると、小児科でもっと重症の患者さんがいてそちらにかかっているから診に来れないとのこと。


とにかく痙攣がひどいと話すと、痙攣止めのダイアップという座薬を入れてくれることに。


その座薬を入れるときに小児科の先生が来てくれて、状況を話して様子を聞くことができて、熱性けいれんだろうし、とりあえず痙攣止めの座薬を入れて少し個室で様子を見ることに。


らんは座薬が効いたのか、少しすると落ち着いて眠れるようになり、小児科の先生が見に来た時には眠っていました。


手足が急に冷たくなっていたことが気になったけれど、この程度なら大丈夫ということで、ただ、痙攣の状態がよくわからず、何度も短い痙攣が続くっていうのがちょっと心配であること、熱性けいれんならばこれでおさまるはずだけれど、もし点頭てんかんであるとまた全く違う治療が必要だということで、それからまた様子を見ることに。

点頭てんかんは、手足を曲げて頭を前に傾けて痙攣するような状態だということなので、そういう感じはなかったしたぶん大丈夫だとは思いながらもとっても心配で。

らんが痙攣をしていたのはずっと抱っこして待っていたときで、先生に診てもらうときには全然だった・・というか、そんなに長く診てもらっていないから、先生はらんの痙攣の状況を知らず、判断ができなかったのね。


小児科の先生はまたも病棟で急変した患者さんにかかってしまったとのことで、それからまた数時間。。

やっと先生がきて状況をみて、今後のことを説明してもらって病院を出たのは朝の8時。。


昼間また座薬を入れて、それでもまた痙攣がおきるようならすぐに来ること、痙攣が点頭てんかんのような状態ならなおさら。
痙攣がなく熱だけならば翌日かかりつけの病院へいくこと、もしかしたら突発性発疹かもしれないから、発疹が出たらかかりつけの病院へいくことということで、今は座薬を入れて熱が38.4℃の状態。

ご飯も食べるし少し笑ったり、つかまり立ちしたりと状態はよさそう。

ただ、また夜になって熱があがったら・・と思うと本当に怖い。



それにしても、「救急」という名の救急医療、先生の数や病院の状態が厳しいなぁ・・と今回はとっても感じました。

こんな状態が、最近よくニュースで報道される、たらい回しを招くんじゃないかな・・とも。


いろいろな事情があるとは思うけれど、せめて病院についたらば、もう少し安心して待っていられるような状態であるといいな。。



それと、双子であるがゆえのこと。。

1人が調子悪くなっても、もう1人も病院へつれていかなければいけない。
私1人ではそれは今は難しい。
朝方まで仕事のパパ。夜中にこういうことが起こると本当に心細く不安になる。
今回はたまたま仕事を抜けてこられたけれど、そうじゃなかったら??

そして、病院でも。
しんは元気だから、ずっと抱っこされて何時間もまっていることがとっても大変。
騒ぐし眠くてぐずるし、らんが座薬で眠っているときだって、しんはずっと起きてぐずぐず。
しんを連れてパパに帰ってもらおうかとも思ったけれど、それもなんだか・・という状況だし。


早く独立して、いつもパパがそばにいてくれて、営業時間は遅くても夜0時までにして、夜中は家にいてもらえるような状況にしたいと、さらに強く思いました。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
初めまして。
ブログ村からまいりました、百花繚乱と申します。2歳1ヶ月の姫ツインズのママです。
お子様のお名前が「らん」というのについ反応してしまいまして・・・
うちの子も「らん」なのです。女の子ですが・・・

熱性けいれん、本当に大変でしたでしょうね。
その後、体調は落ち着いてるでしょうか?
私だったらきっとパニックでうろたえるだけだったと思います。
しかも病院で我が子が苦しんでるのに2時間は
先が見えない程の長さだったでしょうね。
我が家も、旦那が居酒屋のオーナーなので
昼夜逆転、夜はいないことがほとんどな上に
私は車の免許がないので夜中にこういう状態に
なった時の不安さや病院へ2人連れて行くことの
大変さは本当によく分かります。
うちはFCの為、営業時間を変更することは不可能なのですが、同じようなこと、ずーーーーっと
考えてました。
まだお子さんも小さいですし、色々大変なことも
多いかと思いますが、ご無理なさらず頑張って
下さい!
2008/08/08(Fri) 15:49 | URL  | 百花繚乱 #-[ 編集]
百花繚乱さんへ
初めまして。コメントありがとうございます。

ご主人、居酒屋のオーナーさんなんですね。
本当、飲食業は時間が遅かったり、一般的な生活をするのには難しい職業ですよね。
そして、今回のような状況にパパがいないのもとっても不安ですよね。。


ブログ、拝見させていただきました。
百花繚乱さんのお子さんは蘭ちゃんなんですね。
我が家は名前に「らん」という文字が入っているわけではないのですが、呼び名というか私たち親が親しみをこめて呼ぶ名前に「らん」という言葉が入っています。

2歳のお子さんのお母さんとは大先輩。
これからもよろしくお願いします(^-^)
2008/08/13(Wed) 10:36 | URL  | neko♡mama #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。