旧ブログ名:「猫ママの初めてだらけの結婚&双子ちゃん妊娠・出産・育児生活」。子供たちが大きくなった今は子連れでファミリーフィッシング♪主に東京・神奈川・千葉の陸っぱり釣りにハマり中。。(笑) へたっぴだけど自分で色々作っちゃうハンドメイドも大好き☆
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009年05月20日 (水) | 編集 |
事業資金融資ならMRFにお任せ!

なんと!区で斡旋してくれるという制度融資についても、昨日保証協会から連絡があって、満額融資が決定しました!

すごいよ~。ありがとうございます。

区の制度融資については、連休前に信金へ区の斡旋書を持って申し込みに行って、営業日で言うと1週間弱くらいしてから保証協会から電話があり、面談の日程が決まりました。

面談が一昨日。
そして、融資決定の連絡がきたのが昨日。
電話でご連絡をいただきました。

実質、丸1日で審査が終わって融資が決定しました。
すごいスピード!!

だって、セーフティーネット貸付などで保証協会がとっても混んでいて、かなり時間がかかるって聞いていたので、本当に驚きました。


ただ・・かなり大きな問題が。。

融資が下りるのは、店舗が準備できて、飲食店の営業許可が保健所から下りてからになるそうで、まぁ、私たちの場合は公庫からの融資が決まっているため、そんなに切羽詰まってはいないんだけれど、普通だったら無理だろう??という壁があるんです。

それは・・

設備資金として使用する融資のお金であるから、設備資金に使用したという証明を領収書で提出するんだけれど、その領収書の日付が融資実行後でなければいけないということ。

言ってることわかります?

店舗の保証金や、内装工事の費用、厨房機器の費用などが設備資金にあたるわけだけれど、それらの領収書の日付は融資実行後でなければいけない。
あくまでも融資されたお金を使って設備の費用にあてたという事実がないといけない。

まぁ、これだけならいいんです。

問題は、融資されたお金で購入するそれら店舗の保証金やら内装設備関連がすべて整って、飲食店の営業許可が下りてからでないと、融資が実行されないということなんです。

矛盾するでしょ?
どう考えても無理でしょ??

設備資金に使うお金を融資してくださいとお願いしているのに、その設備資金の融資はそれらの設備が整ってからじゃないと融資しませんよってことなんです。

保証協会から融資OKの電話をもらったときに、それを言われたパパが意味がわからないという感じで電話で話していたのが印象的。

でも、矛盾しているというかそれじゃ無理ですよね的なことを何度説明しても、「みなさんよくそうおっしゃるんですが、決まりですから。」との返答だったらしい。

私たちは、公庫からの融資があるので、資金繰り的には大丈夫だけれど、この保証協会付の制度融資だけをあてにしている方がいらしたら、どうするんだろうという感じです。
お金は借りれるはずなのに、開業準備ができないという状況。

どこかでお金を調達して、それで店舗物件の保証金や内装設備の工事費用などをなんとか立て替えておいて、営業許可が下りた時点でやっとこ融資が下りる。
そのおりた融資で先に調達してきたお金を返済する。
そんな形でしか動けないわけです。

おかしいよね。

でもさらに、その方法にも問題が。

たとえば消費者金融とかでなんとか一時的にでもお金を調達してこれたとしても、融資の前に支払った設備投資資金は無効になるの。
あくまでも、融資が下りたあとにそのお金を設備資金にあてたという事実がなければいけない。

これじゃどうしようもないでしょ・・
なんでこんな決まりになってるんだろう。
保証協会の中でもおかしいって話にはならないんだろうか。

ということで、保証協会付制度融資の攻略法(?)としては、

① 別の融資または一時的な借入で設備資金を用意
② 内装工事等を行って店舗が開業できる状態にする (←※ここで大きなポイントあり※
③ 保健所の飲食店営業許可を取得
④ 融資の実行
⑤ ①で一時的な借入を行った場合、借り入れた分を返済
⑥ 設備資金に使用した事実を証明する設備資金関連の領収書を保証協会へ提出

※②の時点でとっても大切な大きなポイントというのは、店舗物件の管理会社や大家さん、内装工事の業者さん、厨房機器の仕入れ先等、設備資金で購入するものすべての領収書の日付を融資実行後の日付で後日発行してもらうことです。
支払いを融資実行まで待ってくれというお願いは通るはずがないので、とりあえずは自己資金または一時的な借入金で支払いをして領収書をもらっておき、後日融資実行後の日付で領収書を出しなおしてもらえるようお願いをする必要があります。

しかし・・
これって法律的にはいけないことですよね。
でも、それしか方法がないでしょう??
実質的には都の保証協会が黙認するってことですよね。
一般的に普通に生活していたり、仕事をしていたりする上で、お客様の都合とかで日付を変えてほしいなどのご依頼をいただくことはあるし、そういう事例も何度も見ています。
一般的にはあり得ることなんだろうけれど、公の機関がそれを勧めるようなことをしていいのかな・・と思います。

一番いいのは、保証協会が営業許可確認を後日にして融資を先に実行してくれること、または百歩譲って、立て替え払いを認め、領収書の日付が融資実行前でもOKとすることだと思います。

他に方法があるようでしたら、教えてください。

スピーディーなご融資を徹底♪ 事業資金融資といえば【MRF】へ
スポンサーサイト



テーマ:夢へ向かって
ジャンル:就職・お仕事
コメント
この記事へのコメント
私も保証協会を使って今月融資がおりた者です。
>その領収書の日付が融資実行後でなければいけないということ。
資金の使用用途の証明(領収書)は必要とは言われましたが、日付の指定までは言われませんでした。
支払いは工事前にいくらか払うのは当たり前なので、協会の言うとおりにすると私文書偽造になりますけどいいですかとつっこんでみてはどうでしょうか。

>融資されたお金で購入するそれら店舗の保証金やら内装設備関連がすべて整って、飲食店の営業許可が下りてからでないと、融資が実行されないということなんです。
これは私も言われました。
はっきり言って無理ですよね。
自己資金範囲内で出来ないから借りるわけで。。。
で、私の場合は協会の担当者にゴネました。また、融資先の銀行にも相談しました。
住宅ローンでよくある「つなぎ融資」という手もあるんですが、銀行で断られました。
2日ほど協会内で協議した結果、特例ということで最終決定に近い工事見積書と購入機材のリスト及び価格一覧(見積書)と納税証明書、店舗の賃貸契約書を送ることでお金が振り込まれることになりました。
ただ、私の場合、その店舗が信託物件で借りるためのハードルが高くて管理者(信託銀行)が店舗を貸してくれないという結果になったので、さらに困っているんですけどね。

頑張ってください。
2009/05/30(Sat) 07:51 | URL  | Ricky #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。