旧ブログ名:「猫ママの初めてだらけの結婚&双子ちゃん妊娠・出産・育児生活」。子供たちが大きくなった今は子連れでファミリーフィッシング♪主に東京・神奈川・千葉の陸っぱり釣りにハマり中。。(笑) へたっぴだけど自分で色々作っちゃうハンドメイドも大好き☆
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007年07月29日 (日) | 編集 |
妊娠32週2日目(9ヶ月目)

ついに9ヶ月目に突入っ!
無事ここまでこれて本当に良かったにゃ。

優しい旦那さまと見守ってくれているみなさまのおかげです。
そしてお腹の中で頑張って育っているベビちゃんたち本人の力。

あともう少し。
健康に産まれてきてもらえるようにママも頑張るから、
ベビちゃんたちも頑張ってね☆


さて、ベビちゃんたちに会える日まであと1ヶ月・・
そんな今の我が家の最大の関心ごとは、

ずばり、

名づけ


最初の頃は、こんな感じの名前がいいかなぁ・・って、
イメージや思いを託した名前をいくつか考えていて、
あとは顔を見てから決めようって思ってたの。


名づけで重視したポイントはココ。

①こんな子に育って欲しいという願いを込めた意味の漢字を使いたい。
 →思いやりのある優しい人であってほしい(旦那さまみたいな。照)
  賢い人であってほしい
  (勉強ができるとかじゃなく、人生全般において人として賢くという意味)
  正義感、勇気のある心が強い人であってほしい

②猫ママの旦那さまは本当に心優しく穏やかで思いやりのあるステキな人なので、
 旦那さまのような人になって欲しいと名前の一字(「裕」という漢字)をもらうことも検討。

③双子ちゃんなので、それぞれが違う意味で差が出るのは嫌だったので、
 基本的には同じ意味(願い)を込めた名前。一字は同じ漢字を使えたらいいな・・

④最初に思いついた響き「れお」「りお」が結構気に入ってる。

⑤猫ママも旦那さまも音楽が好きなので、音楽に関連した漢字もいいな・・

⑥旦那さまの希望で4文字以上の名前は避けたい。
 旦那さま自身が4文字で呼びづらいのが嫌だったんだって。

⑦今までの人生の中で、関わった人の名前は避けたい。
 →どうしてもその人のイメージが浮かんでしまうので


で、当初考えていた名前はこんな感じ。

「怜悧」という言葉があって、これは賢いって意味なんだけど、
ここから1文字ずつもらって「怜(れ)」と「悧(り)」として、
心優しい意味などを持つ「お」という響きがある漢字を共通にして、
「れお」「りお」ってどうかな~とか。

・怜央、悧央
・怜音、悧音(これなら「れおん」「りおん」でも♪) ・・などなど色々。

「れおん」「りおん」は、それぞれスペイン語とフランス語で「ライオン」という意味の読みなので「心が強く、勇気がある」ってとこにもHit!!

しかーーしっ!早くも断念・・。
「悧」って漢字は名前に使えないんだって。がっくり。
仕方なく人偏の「俐」・・これでも「怜俐」って書いたりするらしいし。


次は旦那さまの「裕」という字をもらった名前。
「裕」という字に心豊かなどの意味があるので、ばっちり♪
そこにどんな字を組み合わせるかなんだけど、まずは旦那さまと同じ呼び方になるとややこしくて嫌だったので、旦那さまの「ひろ」という読み方以外の「ゆう」「ゆ」に限られました。

ちょっと単純だけど、「怜俐」の字をもらって、

・裕怜(ゆれい)、裕俐(ゆうり)

他に賢いという意味や心ある字を続けて、

・裕良(ゆら)
・裕心(ゆしん)

などなども考えてました。


あとは番外編・・笑
猫ママからも一字つけてしまうというもの。

・裕真(ゆうま)、真裕(まひろ)

これはさすがに親ばかになっちゃうかなぁ・・とちょっと引き気味。笑
それに、3人目・・となった時に困るのでそれはねぇ。。って。


こんな感じだったから、なんとかなるかなぁというか、漠然とイメージはできていたから大丈夫だろうって思ってたの。

でも、産まれてからじっくり考える時間もないだろうし、どんな状況になるかわからないし、ある程度絞っておこうかなとか、現実的に見直してみようかなって思って、姓名判断とかを気にしだしてしまったら大変なことに・・

つけたい名前がほぼ凶画だって・・


気になりだしたら納得行くまでやらないと気がすまない猫ママ。

考えていた全ての名前候補の字画を調べて、姓名判断でみてみる・・
この字がだめならこの漢字はどうだっ!みたいな・・


結局、漠然とこの漢字でこういう名前って思っていたものは、
全てが凶画でだめ・・

こうなったら、漢字を変えて画数を吉画にするしかないじゃない?
で、吉画になって、希望の読みになる漢字を探し出して・・

キリがない。汗


そもそも、姓名判断には色々な流派があるらしく、流派によって結果が全然違う場合があるらしいの。
なので、姓名判断を気にする場合は、1つの流派に決めて考えるということが基本なんだって。

猫ママはたまひよの名づけ博士のお試し版を利用したことがあって、ちょっと資料があったのと、名づけ用に買った本が手元にあったので、その2つを見比べてみたところほぼ同じ結果だったので、これで行くことに決定。

その他の姓名判断のポイントとして、

・五格について、男の子の場合は、①人格②総格③地格の順に重視する
・全てが良い数字になることは少ないので、あまり気にしすぎない
・五格以外でも、五行、陰陽も参考に

という感じでした。

「あまり気にしすぎない」ってどの程度???
どこまで吉数ならいいの?って感じ。。

とにかく、人格、総格、地格が凶にならない画数を計算した上で、考えられる画数の組み合わせを全部出して、そこに使いたい漢字を当てはめて残りの一字を考えていくことに・・

この時点で、「怜」も「俐」も名前の一字目に使うことは却下。
だって人格が凶なんだもん・・涙
意味が近い「伶」と「利」に変更。


ちょー大変。


はまりすぎてお腹張っちゃって、ちょこちょこ横になって休憩しながらがんばったにょ。
なんか久々に学生に戻った気分。辞書を片手に勉強してるみたいだったょ。笑


ネットと名づけ本、たまひよ博士の資料などなどを駆使して頑張って色々調べて、響きからは「れお」「りお」の漢字候補をいくつか、旦那さまの「裕」を使った名前候補をいくつか挙げたけど、中には見た目的にアンバランスなものや、なんて読むの??ってものもあり・・笑

お仕事から帰ってきた旦那さまに姓名判断の事情と状況を説明して、候補の名前を見てもらって、二人でさらに厳選。


でもね、そもそも姓名判断ってどこまで気にすればいいのかなぁ・・
みんなどこまで気にしてるの??

全く気にしないって人もいるだろうし、人によって考え方の違いだってのもわかるんだけど・・
うーん。。


姓名判断は一般的な占いとは違って、統計学を基にしたかなり昔からある学問だって言葉を聞いたのね。
そう言われるとやっぱり気になる。

親としては、できるだけ良い名前をつけてあげたいって思うのは当然でしょぅ?

・漢字の意味などに思いを込めた名前である
・親も気に入っていて子どもに対して愛着のある呼び名で呼べる名前である
・見た目などのバランス、雰囲気、イメージ
・姓名判断

これらのポイントを考慮したとき、どこに重点を置くべきなのかなぁ・・って悩んじゃって。

思いを込めた漢字「怜」「俐」が凶画だから使えないって言われたら、どっちとればいいの??

気にしなければいいって思っても、何かあった時に気にしちゃうよね。

例えば、

「病弱で凶って出てた画数を、無理矢理使ったからよく風邪をひくんだ・・ママのせいだわっ!涙」

とか。


猫ママの旧姓での姓名判断も、今の姓での姓名判断も全て吉数なの。
吉数っていうか全て大吉に近いくらい。
旦那さまの名前も今回参考にしている流派とは違うみたいなんだけど、姓名判断を重視して決めてもらったらしいんだ。

他に猫ママの弟の名前とかも調べてみたけど、ちゃんと吉数になってるんだ。。

そうなるとね・・やっぱり気になる。



わ~~~~~~~~~~


どうしよう。。涙

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
姓名判断を使い、良運に恵まれた命名をお子さんにしてあげて下さい。 それが親としての一番最初の大事な大事なお役目です☆子供の名付けサイト・・・命名のおススメサイトございましたら教えて下さい。....(続きを読む) 双子ちゃんの名前・・名づけに姓名判断はどこまで気に
2007/08/17(Fri) 19:59:30 |  姓名判断で良運な命名を☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。